造形的な印象より、意味や記憶を組み合わせたものの方が強い。(寄藤文平著「絵と言葉の一研究」より)